2014.09.28 Sunday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2010.08.02 Monday author : CxCx

全米が泣いた!!

ウィッス!ウィッス!!
4年連続出場中。ワタクシにとってのお正月・・・

フジロックフェスティボー10wwwww!!!!!

今回はiPhone4(6月末購入)の活躍により、The MOVIE を敢行!!


相も変わらぬメンツ。
苗場に着くまでは、3年間ほぼ中身は変わらず。

強いて言えば、「いきものがかり」と「チャットモンチー」
(くわしくはこちらをクリック)



それではご覧下さい



Supported By CO-OP心斎店

Special Thanks:ガマカツ
| 夏 Fes. | 19:29 | comments(13) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.07.28 Tuesday author : CxCx

第六話 決戦、第3新TOKYO SHOT

昨日の雨が嘘のようなカンカン照りな天気とオーセンティック・スカのお陰で
喉カラッカラ。
ドリンク買って水分補給。ちなみに、ラムジンジャー。
一気飲み。酒の味も酔いも判らなくなっていた。

んで、エンタはBeerと一緒に桃 食ってた。。


そんで2戦目、アグロライツ。

THE AGGROLITES 
RANCID ティムのお気に入り。レゲエ、スカ、オルガン辺りをケモケモしたよなBAND



今回一番の曖昧な記憶ちゃん。

オルガンの音色が、うっすら夢と現実の狭間に聴こえてた程度
ホント、レビュアー失格。

でもね、山の天気は変わり雨模様
結構ザーザー降り。

大類がまたしても機転を効かせ、アグロっていたにも拘らず一旦 本部を守りに行こうと
ついでに、レインコートも取りに。
買ったもんやらバックパックをコーティング。

とんぼ返りの3戦目、The Ska Flames
fuji10

着いた時には凄い人の数だった


ゼナの効果も薄れていたため、若干スロースタートな我々。


それでも、数々の名曲にテンションがあがり
前方にエンタ発見!
一緒にいた、大類に『RIP VAN〜始めでエンタ押して前いこうぜ♪』
(コレが後のフランツ大事件の序)


大川さんのハンズクラップきっかけでエンタを巻き添え最前列へ!
大正解だった。

すんげ〜楽しい。ピースフル!
こっから畳み掛けるように、TOKYO SHOT!!
このコンボにはヤラレタ。

結局、3戦全敗。全試合鉄板。
楽しさと引き換えに、体力というエキスを放出。

真っ白な灰に・・



予告
    こんな体力のままでの、清志郎さんのステージ。
    40分しかないインターバルを巧く使うことができたのか?
    本命『赤まむし』の出番は!?




次回 『人の造りしまむし』
| 夏 Fes. | 22:36 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.07.28 Tuesday author : CxCx

第五話 ルイ、心のむこうに

さ今日の本丸。

いろんなもん踏まえ過ぎて COOL WISE MAN
fuji9

オーセンティックって、こんなに気持ちいいもんか。
やっぱこのリズムだわ、と再認識。


庄内きっての『賑やかし』こと我々3人 終始SkaDace ダンス ダンシーン!
ワイズ

そーいや〜
ここまでの快進撃、大類無くして城は建たず。。
名アシスト連発により、¥タケコンビを右へ左へちらつかせてきた。
リケルメ的な存在を魅せつけ周囲を圧倒。


到着寸前に『リクル・マイとかスペゲで来てるんじゃね?』発言。
¥タケ『あ〜』

そして、なんとその予言は即的中!

まい

Special GuestとしてLikkle Mai登場!
りくる

1曲目に『My Guy』歌われて、昇天。


オイオイ大類ホント キてんなーー今日。
くーる

野外・昼間・スカ、この組み合わせはサイコーに気持ちイイ。

最後はオーディエンス大熱唱で、ほぼ撃沈。
アグロライツへの力など残っていやしない。

この皆を二人に伝え、ワタクシ後方はPA前の柵にもたれ掛かることへ
(けっこうオルガンモノという位置づけな為)フレイムスに向け温存。静観。睡眠。



予告
   THE AGGROLITESとThe Ska Flamesを残ししばし静観するタケちゃん。
   そこは発信源の二人、文字通り3連コンボを完遂するため
   二人は前方ダンス・ゾーンへと消えて行く。



次回 『決戦、第3新TOKYO SHOT』
| 夏 Fes. | 20:24 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.07.28 Tuesday author : CxCx

第四話 雨、降り出した後

腹ごしらえ&謎のJリーグ・サポーターのワッショイ
まで観れて、本日一番の決戦となるであろう
FIELD OF HEAVENへ、行くべくグリーンステージに帰還。

fuji5

その苗場食堂の林を抜けた先には、グリーンからアフロ・ビートがズンドコズドコ。
そう彼ら SEUN KUTI&EGYPT 80 による
ナイジェリア・ビートとでも言うのか、ラテン系リディムが!

ロンモチで踊りながら歩いてますた。
良かった。


んでアフロビート ガンガンな中、作戦本部では
FIELD OF HEAVEN名物『お昼だよ!3連コンボ!!!』の作戦会議。

ここで、エンタ作戦本部長から『ゼナ・ターイム!!』と高らかに宣言。
来たキタ
いやはや、ベストバランス。
31歳の体にゃ、今までの軽めに見える流れも酷なんだわ。

一気に飲み干し、ホワイトステージ横目にボードウォーク♪
fuji7

fuji8

途中なぜか込んでたが、FIELD OF HEAVENへ着くなり
最前列へ。(理由はわからんが、ゼナ効果発動)



予告
   それぞれが色んな思惑込め、ゼナを注入したために
   これから起きるドラマに気づいていない3人のナイス・ミドル。



次回 『ルイ、心のむこうに』

| 夏 Fes. | 20:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.07.28 Tuesday author : CxCx

第参話 なかなか鳴らない、電話

気持ち悪いくらい、ほぼノーミスでここまでこれた三人。

バス待ち時には、天候も雨/曇りから一転 晴れ間へと移行。
景気いいんで発泡酒をプシュッ。
体力と天気も一時的に回復を遂げ、ようやく会場入り!!

リストバンド交換→物販にてTシャツ購入を経てーーーっ
fuji1


ダフ屋も経てーーーーーーっ
fuji3

今年は逆サイドから、てんでこんなロケーションをチョイス。


チェア拡げるやいなや、最高の天気!最高のハイネケン!
スッゲー気持ちいい。3年目でも新鮮。
(性格悪いこの3人、この快晴の写メールを加藤へ送信)



Beerに舌鼓を打ちつつ、2日目スタートのマイクパフォ。
で遂に開幕!!!


GREEN STAGE 一発目は THE BIRTHDAY

アベフトシさんのために歌うと。
初っぱなから、ロックンロール全開なナムバーでガツンガツンだった。
その爆音ビートの中、エンタは堕ちた。早い話 寝た。
fuji2

んなもんで大類が気になっていたと言う
RED MARQUEE での FUNERAL PARTY を観にいくことに。
ライブは必見らしいんで観とこうぜ、って



イイぞ!縦ノリじゃん!ちょっと朝早いが体のリミッターが外れたくらい。
軽めのアップ程度に楽しみ、苗場食堂をぶらり。


エンタからの激烈コールがお互いのケータイを鳴らしていた。
エンタを召還したのち、腹ごしらえ。

奇しくも、選んだラーメン屋が昨年のもやし(笑)
まあ美味いもんは、何べん喰ったって美味い。


FIELD OF HEAVEN の3連コンボに備え、一時帰還。
加藤にメールしてから、小一時間たったが連絡ナシ。

¥『あいつ鈍感だから気づかねや』

RUI&CxCx『んだよな〜』

    と、突然 電話が鳴る。加藤だ


グラ『おいおい!天気いいじゃねがwwwwww!!』


もう大爆笑だった。
それもそのはず、長靴は大類が試し履きでぶっ壊すというサプライズ付きだったため
ネタの意味も込めて、車に置いてきた。
まっ、イラネっつって。

ホントに今回、神懸かってた。やることなすこと





予告
  お昼からの目白押しなコンボを計画通り実行できるのか?
  そして、ゼナ・タイムの発令は?



次回 『雨、降り出した後』
| 夏 Fes. | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.07.27 Monday author : CxCx

第弐話 見知らぬ、店長

ポスト中年を3人も乗せた車は、一路 苗場へ

そーいや、去年はエンタ遅刻で土下座してっけよな〜。
なんて昨年の思い出もチラホラ織り交ぜながら、スーパー&コンビニで
前日までのやり取りで、マカ系ドリンクは必須だとのお声が多数あったため
『ゼナ』『赤まむし』の2大巨頭を購入。

後に助けられることに・・


そして7号線を南に直走る。


こと10分・・
一本の電話が。

電話の主は、加藤(松山の山緑が生んだ、Mr.アングラ)。
それもそのはず、彼は僕らとは別件で24(Fri)に参加していたのだ。

3人にケータイをかわるがわるさせ、彼からメッセージ。
『今日ずっと雨降りでよー絶対 長靴買ってた方がいいぞ!』
『晴れたのなんて1時間ぐらいだし』
『場内グチョグチョ』

と、半ば強制的にというか天の声的な発言連発。

これには、我々も『買わねば!』とマインドコントロール。


まだ鶴岡市内だった為、たまたま発見した釣具屋にin

ガマカツ高ぇなホント(怒)
店内の値段設定に呆れてた。

矢先っ!

レジ横に『¥1980〜2980』の文字が。
fuji14


ずらり並んだ見事なまでのC級長靴を横目に、一同これしかないという眼差し。
すっかり現地は土砂降りだと思い込み、3足購入。



またひたすら車は、FRFのDVDでテンションじわじわ上げつつ苗場へ向かう


道中 会話は、昨年のレジェンド of 伝説『タケちゃんのマイナースレッド化』
<参考図>
イアン

これだけは断固、避けねばなるまいと誓っていたので
車中あんま本気トークはよそう、このトークセッションが尾を引いてるんだ
と心構えしてはずだが・・


この3人にそれが出来る筈はなく、激烈バカ〜吉沢明歩まで大爆笑。大団円。
そして駐車場の神立へ、この日ドコのフジロッカーズよりも一番乗りで到着


しばらく時間も空くっちゅうことで、車を出入り口より離して駐車。
この時すでに、エンタはオネム。

そっこへワタクシ『いいんだぞ!喋り倒しても!!』

これにはエンタも色んな意味で目覚めた。


そっから、駐車場が開く6:00まで爆裂トーク。
(ホント、スベらん。中でも大類はアンテナビンビン物語り)

そこへ場内STAFFが近寄ってきて
『一番に停めてた方ですよねー?』

ん!?

なぜ、それをオマエが知っている!?


一番近くに停めてた方が、『一番は彼らだよ』
みたいな事を、言ったんだと解釈。

朝一番のなんとも すがすがしい 気持ちの良い エエ話だった。
FRFのイイ話として、後世に残すべき話題。




予告
  会場までのバスを待つおしゃべりクソ野郎 達。
  長靴まで買った今日の天気が脳裏を過る。
  現地の状態はいったい!?



次回 『なかなか鳴らない、電話』
| 夏 Fes. | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.07.27 Monday author : CxCx

第壱話 メール、襲来

コロコロとボンボンで言うところの、コロコロ派です。

ウィッス!ウィッス!!タケちゃんです。

fuji 18

いや〜昨夜をもって、FUJI ROCK FES.'09
夢のような3日間が終わっちゃいましたねー。
関係者様・アーティストの皆様・オーディエンスのみなさん、おつかれさんでした。

先週の週始まりから、御年31歳ソワソワ・ドキドキ・ワクワクが止まんなかった。

ってことで、前回更新で出発の模様をサラッと執筆しゃしたが
フジロック・ダイジェストと銘打って、珍妙なツアーの様子をご覧いただきます。。。
今年もアノ3人で♪



7/22:いよいよ差し迫ってきたフジに、軽くジャブ程度の質問を二人に投げかけたのが運の尽き
     メールの交わした回数たるや、実に14回。

エンタが苗場までの道中、風呂入りたいとか言うもんだから
『トルコ風呂が?』と軽く返したのだが
この押し迫っていた時期の、フラストレーション的なモン爆発。

いやいや『トルコ』でだいぶ盛り上がり、
半ば『ノー・トルコ』とか迷走しながらも
最終的には『エンタ・トルコ・ラングレー』とワタクシ命名。
で落ち着く。


出発前日の内容では、去年はいくら使った?
ETCは大丈夫?各々の仕事の進み具合やら。

去年はエンタのスットンキョーな遅刻が痛かったので、一番に心配していたが
3者、定時には仕事を片付け
目標のタケちゃん家19:30着を多少オーバー気味ではあるもののエンタ到着。

足早に荷物を積み、いざ大類の待つ新庄駅へ

ここでもトークに花は咲きつつ、ちょい待たせ気味に大類捕獲。

これで3人メンツが揃ったので
『よいしょーい!!』と気合い入れつつ
苗場へライドーーーーン!!!



予告
  あまりにも出来過ぎたスタート。
  このあと、彼らを襲う悲劇とは。



次回 『見知らぬ、店長』

この次も、サービス サービスぅ♡
| 夏 Fes. | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.07.24 Friday author : CxCx

第1種戦闘配置 用意!!

ウィッス!ウィッス!ウィス!
もう、このペース(不定期)が心地よくなってきたわ。

だいたい月1ってことみたいなんで、こーなったら

『月刊 井川 遥』化

もしくは『月刊 真木 ようこ』辺りに照準を向けようかと。。


まあ 祝・月刊化☆

シーサー




んでんで
これからアチシFUJI ROCKフェスチボー’09!!!

って訳でして、類・プリマもエンタ・トルコ・ラングレーも
仕事を早々と片付けたとのメールも。

そんじゃー行ってきますっ!


今、一番復刻を望んでいる清涼飲料水
島と大地の実り
高校時代ガブ飲みですた。
ちなみに、夏はコレと『ガツンとみかん』必須。あー懐かし
| 夏 Fes. | 18:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2008.07.30 Wednesday author : CxCx

ramblin'〜夜の帳〜

こむぎいろ♪小麦色〜♪って
言って置きますがワタクシのテーマソングじゃ ござあせん!

さー遂に最終回。
2in1の本当の意味とは・・
誰も予想だにしない感動のラスト。

はCMの後すぐ!


ADFでぶっ飛んだ僕らはプライマルまでの時間どーするか
練る・・んで寝る。

そーこーしてると『ザ・クロマニヨンズ』の登場。
だいぶノーガードな状態にボディスラム!
普通にヒロト&マーシーは観たよいよな
っつって『ススムー!ススムー!ご飯がススム♪』
は唯一、口ずさむことに成功。

正式なタイトル名も知らぬ存ぜぬなまま
申し訳なく軽くスルー。

腹が減っては戦は・・っちゅうわけで 苗場食堂へ
ズキさんのトイレを待ちわびてる間に何食おうか物色。
途中 立ち寄ったMTVのブースでHARD-FIのサイン会&トークショー
これも申し訳ないけどスルーさせていただきました。
なぜらば『麺』がオレを呼んでいたから!

かな〜りテンション高めの店員さんがGooooooooooooood!!!
『もやしタイム』を敢行していたため、食うっきゃナイト。
みやすのんき ならぬ もやしのんき。
あのキラーフレーズに誘われない訳がないエンタケ・コンビ。
フジロック
つかこの量。
つか明らかに最初 前フリかの様に若干もやしみたいな盛り方
しといて『お客さんもういっちょ?』なんて聞きやがる(笑)
テンションは築地のおっさん並み!

塩と醤油があればいい。オレにとっては
この塩ラーメン、体が一番欲していた味だった。
(ここまで痛いくらいエスニック・オーガニックなもんばっか)
んで今日ラストのアルコールも入りぃーの!
いよいよ PRIMAL SCREAM

行くつもり満々なくせに
タケ『どうする!?』
¥太『モッシュピットまで行っちゃう?』
2人『行こうぜ!!』
なんだいこのやり取り(笑)

ボビー登場。
のっけからCan't Go Backでフゥフゥフワフワ。
しかし、出ては行ったが周りのテンションが否めず
最良な場所を求めひたすらGOGOGO!!

落ち着いたはいいがアレが一向に・・アレが
なんて言ってるその時!
あのドラムブレイクが!!


ROCKS
ホント今日一番のダンスを魅せたった。
んで畳み掛けるよーに Country Girl
途中 女のコでてきて共演してた曲はなんじゃ?
(エンタ&フィゲ回答ヨロシク)

しっかし誰よりも楽しんでたのは、マギーさんだったわ

ズキさん曰く、プライマルが今大会一番の賑やかしだった。と


本日 最終回と銘打ってきましたが
作者の意向により、もう+1話(大トリ&ハプニング集)
を展開する予定。

お見逃しなく!
| 夏 Fes. | 23:34 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2008.07.29 Tuesday author : CxCx

天国の断頭台

シンディ・ローパーとリンジー・ローハンが似ている事に気づきました
タケちゃんです。

前回のあらすじ・・
    ようやく苗場にその姿を現した男汁 剥き出しの3人。
    お目当てのTシャツも買え、腹ごしらえまで済ませ、
   遂に日タレ外タレと相成るわけで。。。

午前中はeastern youthまで時間が開いた為、しばしご歓談。
段取り早々にBEERを片手に、森林浴。
寝たいヤツは寝る・動きたきゃ散策、
なんてフリースタイルを咬ませ・・・
いざイースタン!男泣きヨロシクなナムバー連発。

で、BOARD WARKを歩こう!ってコトで
FIELD OF HEAVENに向かう一行。

ちなみにココで観た THE FUMESさん
思い切しダンスチューン。
昼飯&踊る、ランチンダンス。
そしてクリス・ペプラー氏ともご対面
      (意外とムキムキな体つきに一同クリビツ)

そっからグリーンステージへ帰る道のり
ALLでパンク魂を取り戻しつつ、
川で行水(山の水ってこんな冷たいの!?ってぐらいひゃっこい)

歩いたら寝る。ひたすら
クロマニ前
Zzzzz・・と寝ているオレらを太陽と太鼓のリディムで
起床させてきたのは・・
ASIAN DUB FOUDATION

Iggy Popの "No Fun"を あっさりcover。最高。
ADFにはヤラレタ。前で踊ってたネーチャンにもヤラレタ。
『触発された!!』とは3人の弁。

っちゅーか、ここまでグルっと一回りして我々はある一つの
現象に気づいた。

サッカーシャツの着用率が異様に高いことに!
バルサはスゲーいた。
有名所ばかりのなんともつまらん結果

それを見つけては、これ見よがしにエンタ師匠のポイント制 導入!
(内Pライクな得点計算)
ズキさんに至っては、往年の選手名を口にするも現れず(泣)
唯一『ZOLA』には高得点。
エンタ曰くZOLA越えが欲しかった・・


次回いよいよ最終回!
  大トリに大ボケ
  手慣れた車中泊
  民明書房と王大人(ワンターレン)

ご期待ください。

| 夏 Fes. | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |