<< 第弐話 見知らぬ、店長 | Main | 第四話 雨、降り出した後 >>
2014.09.28 Sunday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
2009.07.28 Tuesday author : CxCx

第参話 なかなか鳴らない、電話

気持ち悪いくらい、ほぼノーミスでここまでこれた三人。

バス待ち時には、天候も雨/曇りから一転 晴れ間へと移行。
景気いいんで発泡酒をプシュッ。
体力と天気も一時的に回復を遂げ、ようやく会場入り!!

リストバンド交換→物販にてTシャツ購入を経てーーーっ
fuji1


ダフ屋も経てーーーーーーっ
fuji3

今年は逆サイドから、てんでこんなロケーションをチョイス。


チェア拡げるやいなや、最高の天気!最高のハイネケン!
スッゲー気持ちいい。3年目でも新鮮。
(性格悪いこの3人、この快晴の写メールを加藤へ送信)



Beerに舌鼓を打ちつつ、2日目スタートのマイクパフォ。
で遂に開幕!!!


GREEN STAGE 一発目は THE BIRTHDAY

アベフトシさんのために歌うと。
初っぱなから、ロックンロール全開なナムバーでガツンガツンだった。
その爆音ビートの中、エンタは堕ちた。早い話 寝た。
fuji2

んなもんで大類が気になっていたと言う
RED MARQUEE での FUNERAL PARTY を観にいくことに。
ライブは必見らしいんで観とこうぜ、って



イイぞ!縦ノリじゃん!ちょっと朝早いが体のリミッターが外れたくらい。
軽めのアップ程度に楽しみ、苗場食堂をぶらり。


エンタからの激烈コールがお互いのケータイを鳴らしていた。
エンタを召還したのち、腹ごしらえ。

奇しくも、選んだラーメン屋が昨年のもやし(笑)
まあ美味いもんは、何べん喰ったって美味い。


FIELD OF HEAVEN の3連コンボに備え、一時帰還。
加藤にメールしてから、小一時間たったが連絡ナシ。

¥『あいつ鈍感だから気づかねや』

RUI&CxCx『んだよな〜』

    と、突然 電話が鳴る。加藤だ


グラ『おいおい!天気いいじゃねがwwwwww!!』


もう大爆笑だった。
それもそのはず、長靴は大類が試し履きでぶっ壊すというサプライズ付きだったため
ネタの意味も込めて、車に置いてきた。
まっ、イラネっつって。

ホントに今回、神懸かってた。やることなすこと





予告
  お昼からの目白押しなコンボを計画通り実行できるのか?
  そして、ゼナ・タイムの発令は?



次回 『雨、降り出した後』
| 夏 Fes. | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2014.09.28 Sunday author : スポンサードリンク

スポンサーサイト

| - | 00:11 | - | - | pookmark |
COMMENT
ADD YOUR COMMENT









TRACKBACK URL
http://second-line45.jugem.jp/trackback/114
TRACKBACK